« La neige tombe。 雪が降る。 | トップページ | 杉の子温泉番台日記12/17サービス業とは・・・? »

2009年12月17日 (木)

忘れられない再会。「美しい昔(雨に消えたあなた)」そして、愛の歌。

30年以上も前の話です。

「サイゴンから来た妻と娘」という番組がNHKで放映されました。

バックに流れたのはカーン・リーと言う歌手の「美しい昔」と言う曲。

哀愁があり、諦めとも退廃ともつかないメロディーと日本語歌詞からベトナム語になって開放される感情が忘れられず、時折思い出しもう一度聞きたいものと思っていました。

陥落間近のサイゴンに流れ当時爆発的にヒットした反戦歌だそうです。

内容は戦争に行って帰ってこない夫のことを歌ったもの。

ベトナムが共産国家になってからの彼女の人生は過酷で、ある日共産軍の兵士が、南の下級官吏だった夫を革命分子と目の前で射殺され、この歌の作者TRINH CONG SON の助言を受け5ヶ月の乳飲み子を抱いて南シナ海へボートピープルとなって漕ぎ出しました。

彼女の日本語歌詞の歌は南ベトナム政府の時代に大阪万博に来たときにリリースされたものだそうで、後半の歌は過酷な人生を生き抜いた後の歌声だと思います。

明らかに違います。今日この曲に再会できてとても幸せです。

しかし、始めはパソコンで映画ゴーストの主題歌になったライチャスブラザースのアンチェンドメロディを楽しんでいました。

映画ゴーストの主題歌です。

視覚で見せられた触感にえらく感動・興奮しました。

パートナーが轆轤で土を引き上げて行くときの赤ちゃんの肌のような土の触感にたまらない快感を覚えるという言葉を思い出しました。

触れるって大切です。

二人の土を触れ合いながらの言葉以外の手の会話。カメラの触感にとてもとても感じてしまいました。

そして、このラブソング(愛の歌)好きです。

« La neige tombe。 雪が降る。 | トップページ | 杉の子温泉番台日記12/17サービス業とは・・・? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「美しい昔」僕も35、6年前に、菅原ナントカ云う男性歌手の歌で記憶があります。   でも、いいなー!と感じたのは、天道よしみが歌ってからです。    天道よしみが、アジアの、このような歌の企画のアルバムを出してくれるのを、切に願っています。

んだんだ。
私もそう思います。
彼女、紅白で歌ったらしい。
そして、すがわらよういちさんなんでは?
知ってるくせに・・・・。

菅原やすのりです。   

これじゃ、ロクロはでけねぇ~なぁ。
オラにはムリだあ~~
それに、回転が逆んだんべ~
やっぱ、セカエは広いかもねぇ。

claymanさんへ
貴方は轆轤に目が行き、私は、デビームーアのシャツだけで跨いだ太ももに目が行き、目の付け所が違いますなあ。

轆轤の回転逆なんですか?素人の私は、とっさにムーアは左ききなのかと・・・。

そういえば、ノースカロライナの陶芸村に行ったことがあり、外人は、立って轆轤を挽いていた。

世界はひれえなあ。
同感です。
まあ、映画のいい加減な所なんでは?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532571/47038867

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられない再会。「美しい昔(雨に消えたあなた)」そして、愛の歌。:

« La neige tombe。 雪が降る。 | トップページ | 杉の子温泉番台日記12/17サービス業とは・・・? »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

おすすめページ

  • たまにはバカわらい
    南大東島という沖縄の離島から発信されるブログに抱腹絶倒。このアングヮー(ねえさん)?沖縄の笑い満載。
  • 身の回りnoありふれたものを
    冠タイトルはパパの絵日記。 大事なもの・好きなことは趣味にとっといたほうがいいのかなとふと思いました。
  • 徒然なるままに
    知識が知識だけで終わることなく、身につくとこうなると言うブログ。 平易な文でありながら、難解な文章表現の奥深さをかんじます。
  • メタファ
    沖縄で、主にアルミワイヤーを素材に自己表現をされていらっしゃる方のブログです。 ブログの「メタファ」とは暗喩。 日々のつぶやきは気取りがなく好きです。 オリジナリティを感じます。
  • cafe&gallery 神戸・三田うわのそら
    私達夫婦が企画展でお世話になっているギャラリーさんですが、それ以上に若きマスターは私のWEB関係の師匠です。17種類のスパイスを煮込んだカレーは絶品。最近はカレーパンまで開発。小さなアットホームなお店は、いつも人、人でにぎわっています。 センスの良いHPは必見。
  • 工房Shop SAKAI TOP PAGE
    3ページ(お店・工房・骨董温泉)に分かれるShop SAKAIのトップページです。
  • 手仕事による生活雑貨とチベタンラグのある暮らし
    東京・国立か鎌倉にあるような趣味のよい居心地のよい隠れ家のようなお店が、島根県・斐川町にあります。オーナーの楓さんとはもう10年のご縁です。管理人日記の更新は夫婦の楽しみの1つです。
  • なっつココログ
    実は当ブログ記事でご紹介した「なっつさん」の後押しでShopのブログがスタートしました。 Shopにて扱わせていただきました,シャドーbOX の名手です。ブログ記事グルメクッキングもおいしそう。
  • シーサーのひとり言
    沖縄県恩納村でやちむん&シーサーギャラリーを営む諸見里さんのブログです。緩やかに流れる沖縄時間を感じてください。
  • 硝子職人の日々
    shopの硝子作家秋友伸隆さんの日常のブログです。 吹きガラスのテクや新作の紹介など少しガラス通になれるかも。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ