« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月27日 (木)

4月の企画展

「伝えていきたい日本の手仕事」は25日で終了しました。

連日、沢山の方に来ていただき心よりお礼もうしあげます。

 

21日にひき続き仁左衛門さんが在廊してくださり、ミニ島唄ライブも盛り上がり

皆さんに楽しんでいただけたようです。

(こんな企画は初めてのことで、ちょっとドキドキしてました。)

Img_1771

 

 

大島紬は私達の年代の方は嫁入り支度として、沢山の方が持っていらっしゃいます。

私も箪笥の中に眠っていますが、一反の大島紬が仕上がるまでの大変な工程は知っているつもりでしたが・・・・

あの黒い色を出すのに100回近く染めるそうです。

職人の智恵と努力を思うと箪笥の中に眠らせないで何とか着る機会をと思います。

着物を私のように箪笥に仕舞い込んでいる方も沢山いらっしゃると思います。

今一度、そっと出してみることから始めてみませんか?

その一歩から始めたいと思いました。

 

 

 

今日はお天気もよく庭の花も次々に変わってきています。

Img_1772


Img_1774_2


Img_1777


2017年4月21日 (金)

仁左衛門さん

今日は大島紬工房の三代目仁左衛門さんが在廊してくださいました。

 

次々とお客様が来てくださり、ミニ島唄ライブが始まりました。

Img_1762


ちょうど、奄美出身のお客様もいらして、最後は奄美地方ダンスミュージックの六調で盛り上がりました。

Img_1766_2


明日も仁左衛門さんが在廊してくださいます。

是非、お出かけくださいませ。

お待ちしてます。

2017年4月20日 (木)

4月の企画展

毎日、次々とお客様がきてくださいまして嬉しく思っています。

 

昨日は「新聞を見てきました。」と何人もの方が来てくださいました。

遠い、宝達志水から素敵なご夫婦や、お友達とごいっしょの方など・・・

 

Img_1755

Img_1754
大島紬で作られた軽くて素敵なネックレスです。

 

Img_1751

Img_1752

バッグのほか、沢山の小物もあります。

お気軽に手に取ってご覧いただけたらと思います。

 

 

Img_1756_2

箒のほうもいろいろなサイズのものがあり、見ているだけでも楽しくなります。

秋田杉で作られた「ちりとり」も人気です。

 

明日と明後日の2日間、大島紬の仁左衛門さんが在廊してくださいます。

大島紬や奄美のお話、そして三線で島唄など楽しい時間をと思っています。

是非、お出かけくださいませ。

お待ちしてます。

 

2017年4月17日 (月)

4月の企画展

今日から4月の企画展 「伝えていきたい日本の手仕事」が始まります。

 

今回、2度目になる中津箒は長い柄のものからテーブルの上を払う小さいものまで

見ているだけで楽しくなります。

Img_1742_2


Img_1744


Img_1745


我が家では大きさの違うのを4本ほど使っていますが、階段、玄関、テーブルの上のなど

使いわけています。

玄関の掃除に使ったところ、ストレスなくとても気持ちがいいです。

「玄関なんてもったいない。」とおっしゃる方もいますが、ず~っと使えて気持ちもスッキリです。

お試しいただけたらと思います。

 

今回、ご縁をいただいて、初めて本場奄美大島から仁左衛門工房の大島紬がやってきました。

一反の中に膨大な数の十ノ字絣で構成されて「絣の宝石」とも言われているそうです。

Img_1737


Img_1741_2


Img_1740

糸を染めることから、織り上げるまでの長いながい気の遠くなるような工程を沢山の職人の手によって

仕上げられます。

今回は、反物だけでなく洋服・バッグ・アクセサリーなどの小物もならびました。

Img_1750

日本には、この職人の技を伝え残していかなければいけないものが沢山あります。

使う人がいてこその物であり技だと思います。

着物を着ない方も是非、お気軽におでかけくださいませ。

奄美からお菓子も沢山届いています。

皆さんで楽しいひと時を過ごしませんか。

21日(金)・22日(土)には仁左衛門さんが三線片手にお待ちしてます。

2017年4月 9日 (日)

家政婦は見た?

Img_1734

朝食を食べている私達が気になって仕方がないようです。

元気がなくても気持ちは「家政婦は見た!!」状態のようです。

 

我が家の犬(チキ)は悪性リンパ腫にかかり、今はお腹のほうに転移していて

今までのように食欲もなくなり、毎日何度も噴射う○ちをするようになりました。

とてもおむつでは間に合わず、可哀そうですがottonとベビーベットで柵を作りそこで

生活をしてもらおうと思ったのですが。・・・

今までが今までで、自由気ままに家の中を動きまっていたのでそう簡単な訳にはいかず、

毎日、dashう○ちと戦いの日々を過ごしています。

 

あんなに卑しいほどの食い気は全くなく、今までだったら私が台所へ入り野菜や果物を

切り始めると走ってきたのにそれもなくなりました。

お医者さんは「もう好きなものを食べさせたらいいよ。」とおっしゃるのですが・・・

 

鳥のささみは飽きたのかもう食べないので、先日は鰈やお刺身の残りの鰤を煮てやると

食べたので、昨日は安い鰆を煮てやったところ全く顔をそむけ、これってただの我がまま・・・ と思ってしまう。

アイスクリームもいただきもののハーゲンダッツは食べ、スーパーの100円アイスは全く口をつけない。

でも、一日に食べる量もすくないので、ついつい今日は安売りしてたハーゲンダッツを

買ってしまいました。

孫も春休みに我が家に来ていた時にそのハーゲンダッツを食べ、

「ばーちゃん、ハーゲンダッツっておいしいね~。チキも美味しかったんやろね。」

そうやね。ばーちゃんは孫とチキにはあまいんよね。

 

家の中で飼った犬がチキが初めてで、こうして12年以上いっしょに生活してくると

ほんとうに家族になるんですね。

それまで、よく犬をだっこして「このこがね・・・」と話す人に「?」だったのですが

全く自分が同じ状態になってしまっています。

 

夜は何度も起こされ、dashう○ちの後始末に追われてますが、この繰り返しをしながら

自分の心の整理をしているのだとおもいます。

ただ、願うのは治らないのは仕方がないのですが、やすらかな終末を迎えてほしいだけです。

 

 

Img_1727


Img_1725


Img_1727_2


Img_1732

この暖かさで庭は次々と花が咲きはじめてます。

« 2017年3月 | トップページ