« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月23日 (木)

有難うございました

6月の企画展も、お陰様で沢山の方に来ていただき、終わることができました。

有難うございました。

心よりお礼申し上げます。

 

 

高江さんの展覧会は今回で5回目でしたが、最終日の閉店までお客様が来てくださいました。

 

物作りには、技術やセンスはもちろん大切ですが、使う人への気遣いもとても大切なことです。

やはり、作品を手にしたお客様は細部まで行き届いた技術の高さと気遣いに驚き、心惹かれるのだと思います。

 

今回、私が心惹かれ、この篭が我が家に仲間入りしました。

Img_1278

急須と染付の汲み出し碗を入れてみてニンマリ。

次はパンを焼いて入れてみようと・・・

なんなんでしょうネ!!

この小さな篭がワクワク、楽しくしてくれます。happy01 (もともと、とても篭に弱いのですが。)

そしてもう一つ。

Img_1290

このお箸をまとめ買いされたお客様がいらっしゃったので、私も使ってみました。

これは、28㎝くらいあり、取り箸なのですが菜箸にして・・・。

とても使いやすく、私もまとめ買いしてしまいました。

今まで、菜箸なんて「なんでもいい」と思っていたのですが、これはすごい!!。

揚げ物をしたのですが、長さも良く、つまみやすい。

毎日使う何でもない道具こそ、こだわりが大切だと思いました。

 

 

 

Img_1281

企画展の期間中、ほとんど一人(一匹)で日中過ごしていたチキ。

多分、ほとんどこの状態でいたらしく、夜中は俳諧。

それも、私の寝ているまわりを歩きまわる。

もう、堪忍してほしい!!

今日は夕方、二度も散歩に連れ出したんだけど、どうなることやら。weep

 

Img_1284_2

去年、三菜さんが店に活けてくれたケイトウの花から落ちた種が花をつけました。

でも、背丈は10センチくらい。

こんなに早く花が咲くなんて驚きです。

2016年6月19日 (日)

6月の企画展

おはようございます。

 

6月の企画展

「高江雅人 竹の手仕事展」もあと数日になってしまいました。

連日、お客様が来てくださり、感謝いたしてます。

そして、高江さんの手仕事の凄さを感じてます。

Img_1277


Img_1278


Img_1279


先日、高江さんが在廊してくださった時にお聞きして初めて知ったのですが、

この篭は、薄い竹を二枚合わせにして編んであるそうです。

見た目には、なかなかわからない仕事です。

とても、しっかりとしていて、形もとてもきれいです。

 

こんな篭がたくさん生活の中で使われてほしいものですね。

どんな物でもそうですが、生活様式の変化に伴い、技術の伝承が難しくなってきているようです。

この篭を見ていて、便利や安価に負けない、物選びをしていきたいと思いました。

2016年6月13日 (月)

定休日のお知らせ

企画展中ですが、明日は定休日で一日だけお休みします。

明後日、15日には高江さんが在廊してくださいます。

是非、お出かけくださいませ。

お待ちいたしてます。

 

Img_1267


Img_1268


Img_1262

2016年6月10日 (金)

6月の企画展

雨も思ったほども降らず、今日は着物を素敵に着こなしたお二人がきてくださいました。

そして、男の方もバッグを探しにきてくださいました。

皆さん、いろいろ手に取られて、鏡の前で大きさや色、編み模様などを楽しまれてました。

Img_1257


Img_1263


Img_1260


Img_1261

私が10年近くッ使っているものです。

Img_1264

ふるびも取れ、とろりとした色、艶になってきました。

使う年月を重ねるごとに味わい深くなってきています。

これは私が使った後、何れ娘に譲ろうと思っています。

こんな使い方が出来るものが、だんだん少なくなってきているのが残念です。

高江さんの手技を沢山の方に是非、ご覧いただけたらと思います。

2016年6月 8日 (水)

6月の企画展

明日から6月の企画展が始まります。

3年に一度の

「高江雅人 竹の手仕事展」です。

Img_1249

Img_1252

何よりも、しっかり編み込まれた作品を、手にとってご覧いただきたいと思います。

15日には、高江さんが在廊してくださいます。

沢山の方のご来場をお待ちしてます。

2016年6月 1日 (水)

不時着?

見てしまった。!!・・・・ ・・・    ことで、

我が家に不時着。

Img_1242

Img_1241

            

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »